マルウェアの自力駆除をご相談いただく前に行っていただく作業につきまして※業務用PCのサポートは行っておりません

悪代官の伏魔殿

利用規約をご確認後の皆様へ

ご相談前に行っていただく作業

※Google Chromeは重要ポイントが点滅しないため、非推奨とします。
 最新のInternet ExplorerまたはFirefoxでの閲覧を推奨します。
 なお、IEにおいて一部表示崩れがある可能性がありますがご容赦ください。

悪代官の伏魔殿管理人の悪代官です。

悪代官の伏魔殿掲示板でご相談いただくにあたり、準備作業のご案内をいたします。

悪代官の伏魔殿では、PC内部の解析を行うためにログをご提示いただき、そのログを解析対象として解析を行い、
回答者が処置方法についてご案内を行います。
その処置方法の指示に従って処置を行い、その結果をご連絡いただくことにより、次の作業をご案内するという流れです。
ここでは、以下に最初にご提示いただく解析用ログの取得方法を記述いたしております。
ここで注意事項のご案内となります。
悪代官の伏魔殿では、通信量制限等で閲覧がしづらい状況の方を考慮して、画像を使わずにデザインしております。
従って、ご利用になられるブラウザによりましてはデザインが異なったり、実際のソフトウェアと一部相違点がございます。
また、画像を使わずにデザインしているため、画像を使わない限りは再現できないものについては省略させていただいております。
閲覧になられる際は、いずれのソフトウェアベンダーのブラウザであっても、最新バージョンのブラウザをご利用ください。
ご不便をおかけいたしますが、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

まずは以下のソフトウェアをご用意ください。

Trendmicro HijackThis Open Source Utility(通称:HJT)
http://sourceforge.net/projects/hjt/files/latest/download
ダウンロード直リンクとなります。
本ソフトウェアはインストールの必要がありませんので、回答者が作業終了のご案内を行うまで保管なされてください。

次に以下のソフトウェアをご用意ください。

CCleaner(通称:CC)
http://www.piriform.com/ccleaner/download/standard
自動的に最新版がダウンロードされます。
インストール手順は後ほどご案内いたしますので、現段階では分かりやすい場所に保存なされてください。

重要なお知らせ

悪代官の伏魔殿にて駆除に利用するツールはそのほとんどが、一歩使い方を誤れば簡単にPCが動作しなくなる危険性を持っています。
これはマルウェアそのものがそれだけPCにとってデリケートな部分に侵入するためであり、
マルウェアの解析と駆除のための処置を行うには、どうしてもその領域に手を加えなければならないためです。
作業手順につきましてはこちらが逐次ご案内いたしますので、指示された作業以外の作業は行わないようにされてください。
また同様に、回答者がご案内した手順以外の作業を行うのもお控えください。
ただし、駆除作業以外の作業については行っていただいて問題ございません。

両ソフトウェアをダウンロードできましたら、以下の手順に沿って作業を行ってください。

HJTによる作業のご案内

先にダウンロードいただきましたHJTを起動させてください。
起動させると以下のような画面になります。

GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
Version 2, June 1991

Copyright (C) 1989, 1991 Free Software Foundation, Inc.,
51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
of this license document, but changing it is not allowed.

Preamble

The licenses for most software are designed to take away your
freedom to share and change it.  By contrast, the GNU General Public
License is intended to guarantee your freedom to share and change free
software--to make sure the software is free for all its users.  This
General Public License applies to most of the Free Software
Foundation's software and to any other program whose authors commit to
using it.  (Some other Free Software Foundation software is covered by
the GNU Lesser General Public License instead.)  You can apply it to
your programs, too.

When we speak of free software, we are referring to freedom, not
price.  Our General Public Licenses are designed to make sure that you
have the freedom to distribute copies of free software (and charge for
this service if you wish), that you receive source code or can get it
if you want it, that you can change the software or use pieces of it
in new free programs; and that you know you can do these things.

To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
anyone to deny you these rights or to ask you to surrender the rights.
These restrictions translate to certain responsibilities for you if you
distribute copies of the software, or if you modify it.

For example, if you distribute copies of such a program, whether
gratis or for a fee, you must give the recipients all the rights that
you have.  You must make sure that they, too, receive or can get the
source code.  And you must show them these terms so they know their
rights.

We protect your rights with two steps: (1) copyright the software, and
(2) offer you this license which gives you legal permission to copy,
distribute and/or modify the software.

Also, for each author's protection and ours, we want to make certain
that everyone understands that there is no warranty for this free
software.  If the software is modified by someone else and passed on, we
want its recipients to know that what they have is not the original, so
that any problems introduced by others will not reflect on the original
authors' reputations.

Finally, any free program is threatened constantly by software
patents.  We wish to avoid the danger that redistributors of a free
program will individually obtain patent licenses, in effect making the
program proprietary.  To prevent this, we have made it clear that any
patent must be licensed for everyone's free use or not licensed at all.

The precise terms and conditions for copying, distribution and
modification follow.

GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION

0. This License applies to any program or other work which contains
a notice placed by the copyright holder saying it may be distributed
under the terms of this General Public License.  The "Program", below,
refers to any such program or work, and a "work based on the Program"
means either the Program or any derivative work under copyright law:
that is to say, a work containing the Program or a portion of it,
either verbatim or with modifications and/or translated into another
language.  (Hereinafter, translation is included without limitation in
the term "modification".)  Each licensee is addressed as "you".

Activities other than copying, distribution and modification are not
covered by this License; they are outside its scope.  The act of
running the Program is not restricted, and the output from the Program
is covered only if its contents constitute a work based on the
Program (independent of having been made by running the Program).
Whether that is true depends on what the Program does.

1. You may copy and distribute verbatim copies of the Program's
source code as you receive it, in any medium, provided that you
conspicuously and appropriately publish on each copy an appropriate
copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact all the
notices that refer to this License and to the absence of any warranty;
and give any other recipients of the Program a copy of this License
along with the Program.

You may charge a fee for the physical act of transferring a copy, and
you may at your option offer warranty protection in exchange for a fee.

2. You may modify your copy or copies of the Program or any portion
of it, thus forming a work based on the Program, and copy and
distribute such modifications or work under the terms of Section 1
above, provided that you also meet all of these conditions:

a) You must cause the modified files to carry prominent notices
stating that you changed the files and the date of any change.

b) You must cause any work that you distribute or publish, that in
whole or in part contains or is derived from the Program or any
part thereof, to be licensed as a whole at no charge to all third
parties under the terms of this License.

c) If the modified program normally reads commands interactively
when run, you must cause it, when started running for such
interactive use in the most ordinary way, to print or display an
announcement including an appropriate copyright notice and a
notice that there is no warranty (or else, saying that you provide
a warranty) and that users may redistribute the program under
these conditions, and telling the user how to view a copy of this
License.  (Exception: if the Program itself is interactive but
does not normally print such an announcement, your work based on
the Program is not required to print an announcement.)

These requirements apply to the modified work as a whole.  If
identifiable sections of that work are not derived from the Program,
and can be reasonably considered independent and separate works in
themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
sections when you distribute them as separate works.  But when you
distribute the same sections as part of a whole which is a work based
on the Program, the distribution of the whole must be on the terms of
this License, whose permissions for other licensees extend to the
entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote it.

Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
exercise the right to control the distribution of derivative or
collective works based on the Program.

In addition, mere aggregation of another work not based on the Program
with the Program (or with a work based on the Program) on a volume of
a storage or distribution medium does not bring the other work under
the scope of this License.

3. You may copy and distribute the Program (or a work based on it,
under Section 2) in object code or executable form under the terms of
Sections 1 and 2 above provided that you also do one of the following:

a) Accompany it with the complete corresponding machine-readable
source code, which must be distributed under the terms of Sections
1 and 2 above on a medium customarily used for software interchange; or,

b) Accompany it with a written offer, valid for at least three
years, to give any third party, for a charge no more than your
cost of physically performing source distribution, a complete
machine-readable copy of the corresponding source code, to be
distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a medium
customarily used for software interchange; or,

c) Accompany it with the information you received as to the offer
to distribute corresponding source code.  (This alternative is
allowed only for noncommercial distribution and only if you
received the program in object code or executable form with such
an offer, in accord with Subsection b above.)

The source code for a work means the preferred form of the work for
making modifications to it.  For an executable work, complete source
code means all the source code for all modules it contains, plus any
associated interface definition files, plus the scripts used to
control compilation and installation of the executable.  However, as a
special exception, the source code distributed need not include
anything that is normally distributed (in either source or binary
form) with the major components (compiler, kernel, and so on) of the
operating system on which the executable runs, unless that component
itself accompanies the executable.

If distribution of executable or object code is made by offering
access to copy from a designated place, then offering equivalent
access to copy the source code from the same place counts as
distribution of the source code, even though third parties are not
compelled to copy the source along with the object code.

4. You may not copy, modify, sublicense, or distribute the Program
except as expressly provided under this License.  Any attempt
otherwise to copy, modify, sublicense or distribute the Program is
void, and will automatically terminate your rights under this License.
However, parties who have received copies, or rights, from you under
this License will not have their licenses terminated so long as such
parties remain in full compliance.

5. You are not required to accept this License, since you have not
signed it.  However, nothing else grants you permission to modi

I Acceptをクリックしてメインメニューを表示させてください。
I Acceptをクリックすると以下のような画面になります。

Welcome to HijackThis. This program will scan your PC and generate a log file or
registry and file settings commonly manipulated by malware as well as good
software.

←ここをクリック




 Do not show this window when I start HijackThis

Main Menu

一番上にあるDo a system scan and save a logfileをクリックし、HJTのスキャンを開始してください。
途中で何かの表示が出た場合はOKを押してください。
スキャンが完了すると自動的にログが出力されますので、分かりやすい場所にログを保存してください。
これでHJTでのログ取得は完了となります。

CCによる作業のご案内

本ソフトウェアはインストールが必要となっております。
ここではそのインストール手順からご案内いたします。
先にダウンロードいただきました、CCを起動させてください。
起動させると以下のような表示が出ます。

洋梨の絵が出ますが省略

Welcome to the CCleaner v4.17 Setup

Setup will guide you through the installation of CCleaner
v4.17

Click Next to continue.

By installing this product you agree to our license agreement
and privacy policy.
View license agreement
View privacy policy

Select your language: 

日本語を選択してNextをクリックすると、日本語表示に切り替わります。

洋梨の絵が出ますが省略

CCleaner v4.17 セットアップ ウィザードへよ
うこそ

このウィザードは、CCleaner v4.17のインストールをガイドしてい
きます。

続けるには[次へ]をクリックして下さい。

この製品をインストールすることにより、ライセンス契約とプライバ
シーポリシーに同意したものともなします。
ライセンス契約の表示
プライバシーポリシーの表示

言語の選択:      

次へを押して進めてください。
中央に2つある「ゴミ箱のコンテキストメニューに以下略」と言う部分は今回は一切使用しませんので外しましょう。

インストール オプション 追加オプションを選択してください。

洋梨の絵が出ますが省略

デスクトップにショートカットを追加
スタートメニューにショートカットを追加

ごみ箱のコンテキストメニューに'CCleaner を実行'を追加←チェックをはずす
ごみ箱のコンテキストメニューに'CCleaner を開く...'を追加←チェックをはずす

CCleanerのアップデートを自動的にチェック
インテリジェントクッキースキャンを有効


www.piriform.com

上記2つのチェックボックスのチェックを外したら、次へあるいはインストールをクリックして進めます。

Google Chromeが導入されていないPCに対しては、Google Chromeの導入画面となりますが、
Google Chromeは検索情報などを自動的にGoogleに送信したり、アカウントの自動同期機能により、
マルウェアの駆除後であっても自動同期が動作して強制的に感染状態へとロールバック(巻き戻し)されたり、
駆除そのものがほかのブラウザに比べて圧倒的に困難であるなどの理由により、導入をおすすめしておりません。
ここでは導入のチェックを外してインストールを行いましょう。

Chromeの絵

Piriform は最速のウェブ ブラウジングを
実現する Google Chrome をおすすめします

洋梨の絵

Google Chromeの絵がありますが、画像を使わない
Webデザインでは限界があるため、ここでは省略します

Google Chrome を既定のブラウザとしてインストール
このアプリケーションをインストールすると、Google の利用規約プライバシー ポリシーに同意したことに
なります

www.piriform.com

CCのインストールが完了するまで少々お待ちください。
CCのインストールが完了すると、以下の画面が表示されます。

洋梨の絵が出ますが省略

CCleaner v4.17 セットアップ ウィザードは
完了しました。

CCleaner v4.17は、このコンピュータにインストールされました。
ウィザードを閉じるには[完了]を押してください。

CCleaner v4.17を実行(R)
リリースノートの表示←チェックをはずす

< 戻る(B)

リリースノートの表示のチェックを外して完了をクリックすると、CCが起動します。
※CCの画面はPCの情報を収集して表示するため、ご利用のPCにより若干変化します。

C

CCleaner Freev4.19.4867 (64bit)
MS Windows 7 Ultimate 64-bit SP1
AMD A10-7850K Radeon R7, 12 Compute Cores 4C+8G, 32.0GB RAM, KV SPECTRE DESKTOP 65W/100W (130F)

ほうきの絵

クリーナー(C)

ブロックの絵

レジストリ(G)

ツールボックスの絵

ツール(T)

歯車の絵

オプション(O)

Windows

アプリケーション

Internet Explorer
 インターネット一時ファイル
 履歴
 クッキー
 入力したアドレスやパスなど
 Index.datの削除
 保存場所
 フォームへの入力履歴
 保存されたパスワード
エクスプローラ
 最近使ったファイル
 ファイル名を指定して実行(スタートメニュー)
 その他の[最近使ったファイル]リスト
 サムネイルキャッシュ
 タスクバージャンプリスト
 ネットワークパスワード
システム
 ごみ箱を空にする
 一時ファイル
 クリップボード
 メモリーダンプ
 CHKDSKコマンドのフラグメント
 ウィンドウズログファイル
 ウィンドウズエラー報告
 DNSキャッシュ
 フォントキャッシュ
 スタートメニューのショートカット
 デスクトップのショートカット
拡張設定
 Windowsイベントログ
 古いプリフェッチデータ
 メニューオーダーのキャッシュ
 システムトレイのキャッシュ
 ウィンドウサイズ/表示位置のキャッシュ
 環境PATH
 ユーザーアシスタントの履歴
 IISログファイル
 削除指定ファイル/フォルダ
 空きスペースの抹消

ツールのボタンをクリックしてツール画面を開きます。
インストール情報となっているのを確認の上、テキストとして保存(F)ボタンを押し、
任意の名前をつけて分かりやすい場所に保存してください。

C

CCleaner Freev4.19.4867 (64bit)
MS Windows 7 Ultimate 64-bit SP1
AMD A10-7850K Radeon R7, 12 Compute Cores 4C+8G, 32.0GB RAM, KV SPECTRE DESKTOP 65W/100W (130F)

ほうきの絵

クリーナー(C)

ブロックの絵

レジストリ(G)

ツールボックスの絵

ツール(T)

歯車の絵

オプション(O)

インストール情報

コンピュータから削除したいプログラムをリストの中から選択してください

現在インストールされているプログラムのリスト
発行
インストール日時
サイズ
Version

ここにはPCにインストールされている
ソフトウェアの一覧が表示されます

アンインストール(I)

修繕(P)

エントリ名の変更(N)

エントリの削除(D)

テキストとして保存(F)...

取得したHJTのログとCCのインストール情報ログを、以下の掲示板の新規投稿欄、
あるいは既にご相談いただいている場合はそのスレッドに貼り付けてご連絡ください。
http://akudaikan-0.bbs.fc2.com/
ログを確認後、確認事項のご連絡または処置のご案内をいたします。
なお、利用規約の違反が見受けられる場合はご依頼をお受けできません。
事前に利用規約に反していないかのご確認をお願いいたします。

inserted by FC2 system